パワーストーンの種類について

パワーストーン、天然石、宝石など、石にはいろんな種類があり、何がどう違うのかはっきり言える人は少ないのはないでしょうか。
どれだけ商品量も増えて、需要も高まっているため混乱しやすくなっている人も多いでしょう。
そこでまずパワーストーンとはどんな種類があるのかかんがえてみましょう。
こちらにもパワーストーンの種類について載っていますのでr参考にしてください。
よく天然石を販売しているショップに行くとパワーストーンと書かれた文字をいろんなところで見かけます。

値段などを見てみると、本当に物によって大きく違っているのが分かります。
たとえば水晶の塊やアメジストがたくさんある原石などには、値段が高く付けられています。
かといって一つ数百円という天然石も、パワーストーンといわれます。
パワーストーンとは1970年代に、日本の鉱石学者よって使用された、和製英語の一つです。

その和製英語は天然石を扱う業者によって広まり、今に至っています。
天然石、化石、宝石などすべてを総称してパワーストーンと呼ばれるようになりました。
なのでこれがパワーストーンという規定はあまりありません。
自分にとってこれがパワーストーンだと思えば、パワーストーンといえてしまいます。
ただし先ほど述べたとおり多少の違いや種類の違いなど、同じ石でも違いはそれぞれあります。
なのでさきほど述べたとおり、物によって価格帯も大きく違っています。

中でも昔から高価なものとして扱われているのが宝石です。
宝石は稀少価値の高い石として知られています。
昔は、王室などくらいの対人が身につける装飾品の一部として使用していました。
その当時はその人の立場や位の高さを示すという意味もありますが、自分の身を守ってくれるお守りのような存在だとも言えます。
男性であれば、体に身につけるよろいや兜などに使用されています。
女性にとっては、ネックレスや指輪などのファッション性の要素を踏まえつつ、お守りとしても価値のあるものでした。
パワーストーンの威力についても是非ご覧ください。

しかしこれらの宝石はやはり高価なものが多く、だれしもが身に着けられるものではありません。
たくさん身につけることもできないですし、日常生活には少し華やか過ぎるものもあります。
そんな人にとって、身近に身につけるパワーストーンとして人気があるのが天然石です。
天然石には、いろんな意味合いが込められたものが多く種類もとても豊富です。
なので、自分の願いなどをこめて選ぶことができます。
こちらに生年月日別のパワーストーンがかいてありますので参考にしてください。

自分の好きな物を選んで、自分好みにアレンジすることができます。
たった一つのパワーストーンが出来上がります。
自分が好きなものは、常に身につけるようになりますし、見ていると気分も上がり前向きに行動できるようになります。
いろんな種類がある中で、直感や好みなどで選んでいくとパワーストーンの効果も実感しやすいといえます。

Copyright (C) 自然のパワーで身を守る All Rights Reserved.